• ご利用案内
  • 作品レシピ
  • トピックス
  • ショップ
  • 掲示板
  • リンク集

トピックス

ブラザーのハンドメイド部に参加してきました

今日は縁があって、ブラザーの刺繍ミシン体験に行ってきました~。
刺繍ミシンを使ってのブレスレット作りです。
2時間でしたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。

ブラザーがサポートしている「ハンドメイド部」があり、このようなイベントが行われています。
ハンドメイド好きが集まるコミュニティですので、FaceBookページをチェック、「いいね」してみてください。
[ハンドメイド部FB] https://www.facebook.com/handmadebu

さて、今日の私は、「刺繍ミシンを初めて使う。」です。
愛用のミシンはブラザーですが、刺繍機能がないもので、生まれて初めての体験です。
(予算重視で、高価な刺繍対応ミシンは選びませんでした)
今日は、クルチアーニ風と聞いていましたので、どんなものが作れるか、楽しみでした。

刺繍体験1

デザインは3種類(フラワー・マリン・トランプ)で、好きな刺繍色を選択することができました。
私は、3色使って、マリンに挑戦してみました。
色の配色で雰囲気がガラっと変わりますので、色選びも楽しいです。

刺繍完成

肝心な使用ミシンですが、FM1300Dという、お子様も喜ぶディズニーキャラクター搭載機です。
小ぶりで、刺繍入門には扱いやすい機種ではないでしょうか。
現在の、家庭用刺繍シリーズの一覧はこちら

今日のレポートを以下動画にて紹介させていただきます。
水溶性のシートを使うのですが、溶けていく様子も撮影してきました。

体験してみて、第一印象は、思いのほか音がうるさくない。
(私の今のミシンと比較してですが、ミシン作業の多い夜中は特に響くのです。)
そして、操作がとっても簡単。
一度覚えてしまえば、使いやすいし、刺繍中は勝手に動いてくれます。
刺繍ミシンは大きいと思っていましたが、意外にコンパクト。
刺繍ができれば、さらに作品の幅が広がり、「あればうれしい機能」なのです。
4代目のミシンには、刺繍機能もぜひ検討してみたいと思います。

子供が入園するときに、必ず通る、手作りグッズ。
さらに、お名前付けというのも義務になります。
手書きで書いたり、アイロン接着の名前ラベルは不要で、
生地に直接刺繍できたら、できあがりもきれいで、お洗濯の色落ちやはがれ等の心配もありません。
さらに、自分のマークをつける時(次男の幼稚園では推奨されている)、
ワッペンなどを購入することなくなり、すべてに同じマークで作ることも可能ですね。

入園が終わっても、バザーや学芸会があり、ミシンを使うこともあるかと思います。
入園準備にミシンを購入って(私もその一人です)ママさん、
ブラザーでは、現在、私が体験したこの機種のキャンペーンをしていますので、
ミシン購入の場合は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

ブラザーミシンキャンペーン

シンプルな生地にワンポイントあると、作品の出来がすごくよく見えます。
注意しなければならないのは、生地に接着芯を貼ってあげることと、
刺繍枠に生地をピンと張らせることが必要です。

例えば、ランチョンマットの角に刺繍を入れたい場合、できあがりを想定して、刺繍位置を決めて刺繍をし、
それから、生地を裁断、ランチョンマットを作らなければなりません。
ランチョンマットを作ってから角に刺繍をしたいとか、ポーチなどの立体作品には、
作品が完成してからは無理ですので、作り方の工程を考えなければなりません。

オプションになりますが、小さい枠が別売りされているとのこと。
裏技的な({置き縫い」で検索してね)ことをすれば、ランチョンマットやハンカチの角には可能かも?
ポーチなどの立体物や洋服のワンポイントでも、枠がつけられるなら、
中おもてにして、他のところを縫わないように作品を押さえてあげれば、可能かも?

また、縫製用の糸とは違い、とても細い(縫製には適さない)、刺繍専用糸も必要です。
今回は、水溶性のシートに刺繍して、それを溶かして刺繍単体として利用しますので、
両面が同じ色になるように、下糸も上糸と同じ色を使いました。
通常の生地への刺繍は、専用の下糸があるそうです。
普通の生地への刺繍は、上糸の色交換だけでいいので便利ですね。

動画でもご紹介しましたが、今回使った、水溶性シートのかげで、
好きな色のクロッシェ風が作れます。
(クロッシェとはかぎ針で様々な形に編み上げていレース網み)
刺繍は生地にするもの、という概念が崩れました。

刺繍体験2

お土産に、ピアスとブレスレットをいただきました。
私はピアスができませんので、クロッシェとして作品に手縫い利用し、活用したいと思っています。
こちらは、ブラザーソーイングカレッジにて、「夏のワークショップ」で体験できます。
いろいろな場所で開催されておりますので、ご興味ある方は参加してみてくださいね。

刺繍体験3

時間が少し余りましたので、手持ちの布にハンドル名「ちゃまめ」を刺繍してきました。
本当は、縦書きで「御守」と刺しゅうして、御守を作りろうかと。
(この機種で縦書きは可能、漢字は年組などの15文字のみ。漢字は刺しゅうカードが必要)
操作パネルをいろいろさわってみて、ふと
記事下に入れる、ハンドメイドサイトらしいランキングバナーを作ろうと「ポチっとおねがいします」
刺しゅうを刺繍以外に使おうと思いつき、ここで時間終了~。
もう少し、時間があったらよかったのですが、とても楽しかったです。

勝手なイメージを持っていましたが、ミシンの進化を実感してきました。
自分で体験するという機会はいいものです。プロにアドバイスをもらったり質問もできますので。
今まで、ワークショップなどに参加する機会がほとんどありませんが、
子供が夏休み中ということもあって、親に預けられたので、数時間だけの私の夏休みになりました。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
>>> 今日作ったものランキング <<<

100均のチークケースが妖怪メダルサイズ

チークブラッシュ

手作りの妖怪ウォッチで使用した、100均のチークケース。
妖怪メダルサイズと同じということを、ネットで知りました。
今日は、このケースでいろいろ考えてみましたので、レポートをいたします。

ほどんどの情報が「セリア」で売っているということでしたが、私は「キャンドゥ」で購入しました。
フラワーチークブラッシュ(01・ピンク/02・オレンジ)

また、製造元からも同じ金額(送料や支払手数料は別)で購入することもできますよ。
(株)ドゥ・ベスト(AC MAKEUPシリーズ)
01・ピンクはこちら02・オレンジはこちら

参考までにですが、このチークブラッシュは、ふたが透明で、下の土台が白なのですが、
同シリーズのハイライトパウダーは、ふたが透明で、下の土台も透明です。

ケース加工

このチーク部分、銀色の受け皿ごと取り外すと43mm(紫矢印)、ちょうど妖怪メダルのサイズにぴったり。
チークの受け皿とケースの境目(赤印)に、
細くとがったもの(千枚通しや目打ちなど)をきわに入れ込んで、取り外します。
中心部分に接着剤のようなものでとまっていました。

また、ふち(水色)がないほうが、メダルを親指で取り出しやすいので、
ニッパーなどの工具で切込みを入れて(黄線)、折るように数回にわたり取り外しました。
しかし、切断面がガタガタで気になるかもしれません。

ちなみに、最終的(下の写真)に、子供がうまくふたを開けられないということで、
ふたがパッチンとなる部分(黒丸)も切り取ってしまいましたが、そうすると、ふたが完全には閉まりません。
ふたが開いてしまい、メダルが落ちてしまいます。
(磁石とか考えましたが、いい方法が思いつきませんでした)

そして、ふたの銀色のロゴマークですが、こちらの印刷を強引にはがし取ってみました。
後は残ってしまいますが、薄くすることができます。銀色が白っぽい半透明になります。
方法は、カッターやハサミにやわらかい布を巻きつけてけずるだけ。
少しづつはがれていくので、傷がつかないように力を加減します。

自作DX妖怪ウォッチ

100均商品で、メダルがぴったり入る、そこまではよかったのですが、
透明ふたの上の空間があるので、身動きをすると、メダルが外れてしまうのです。
試作の段階では、上の写真のようにしました。

透明プラバン(お弁当のふた)を半円状(ピンク)に切り取って、
ふたのふちの厚み(赤線)が2mmぐらいあるので、そこに貼り付けます。
半円な(全円にしない)のは、プラバンの厚みでふたが閉まらないからです。
これで、ふたを閉めてもメダルがケース内での飛び出しを防ぐことができました。

また、メダルを取ると、ウォッチ柄が貼り付けてあります。
メダルがくるくるしないように、というか、必ず、正しい位置(向き)で入るように、
メダルの裏、QRコードところのでっぱり内の四角の大きさに切り取ったプラバン(2枚厚)を貼りました。
メダルを取ると、ちょうど写真の白い四角あたりに貼り付けてあります。

残念ながら、スライドさせて入れるところは断念しました。
(子供はスライドさせて入れたいようです)
でも、その気になって遊んでくれました。やっぱりライトをつけてよかったです!

もうじき零式も発売されるし、もうこちらのタイプは需要もない気がします・・・。
また、何かあれば追記しますが、今回はこれでひと段落つけます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

>>> 今日作ったものランキング <<<

DX妖怪ウォッチのライト部分(ライターLED)

まだ、どうにかしたい、自作のDX妖怪ウォッチ
もう少し改良したいけど、そのうちブームも去っていくだろうからと後回しに、というのが現状なのですが、
ライターのLEDの部分について質問がありましたので、こちらで説明します。

LED付ライター

まず、ライターですが、100均「キャンドゥ」で購入しました。
ライターのボディ色も4種類(この青のほか、透明、ピンク、黄緑などありました)ぐらいあり、
それぞれの色のLED色も違いました。(この青色LEDのほか、赤色、緑色があった気がします)

このライターのLED部分だけを抜き取って使います。
電気系はさっぱりわからない素人です。
難しいことはしませんが、くれぐれもご自身の責任内でお取り扱いください。

DX妖怪ウォッチのすべての作り方は、まだ納得がいかない部分がありますので、
もう少し検討してから?にしたいと思います。
では、以下続きをどうぞ。

参考にしていただければ、応援クリック励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
>>> 今日作ったものランキング <<<

100均のブラックライトペン

シークレットペンセリア

先日、100均「セリア」で発見しました。
「きらきらシークレットペン」

DX妖怪ウォッチのライトの候補にしましたが、なかなか実店舗で見つけられませんでした。
文具売り場のカラーペンセットやお絵かき帳のあたりに並んでおりました。

ちなみに、ダイソーだと似たようなものが「マジックライト」という商品名であるようです。
その他の100均だと「スパイペン」という商品名であるようです。
またまた、100均へ行かずとも、ネット通販、例えば楽天内でも購入可能です。

いづれも、蛍光塗料が入った透明インクのペンで、キャップにブラックライトがついているものです。
ライトを当てると、ブラックライトの紫外線により、書いたものが浮かび上がる(見える)という商品です。

シークレットペン照射

さっそく、ジバニャンを書いてみましたが、透明なインクなので普通に書くと難しい。
ライトで照らしながら書くか、薄めの紙で写す(なぞる)かしないとうまく書けません。

少々余談ですが、真っ暗にして、普通のLEDで照らしてみたら、うっすら見えました。

DX妖怪ウォッチを作る場合、
ライトのスイッチがライト方向(12時)に対して、横方向(3時)にあればいいので、
このライトでもできそうですが、スイッチの手ごたえがしっかりポチっとなるので、
ライターのLEDの作り方ではなく、なんらかの工夫をした方がいいかもしれません。
(外さず、キャップごと使った方がいいのかもしれません)
また、少し電池が大きいので、厚みも増すと思います。

子供に使わせる場合、ライトの青色がきれいですし、ライトを直視してしまいそうです。
紫外線ですので目への影響など、そのあたりは考慮しなければいけないと思います。

ランキングに参加しています。応援ありがとう!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
>>> 今日作ったものランキング <<<

手作りで「DX妖怪ウォッチ」風

子供たちに絶大な人気になっている、アニメ「妖怪ウォッチ」
店頭では、妖怪メダルなどが売り切れ状態で、ヤフオクでも高値で取引されています。
お兄ちゃんはあまり興味がなく、次男にはまだ高度なので、うちには縁がないのですが、
ヨドバシカメラではガチャガチャに行列ができていました、大人気ですね。

不思議な時計を手に入れた「ケータ」が、日常に潜む妖怪と仲間になり、さまざまな問題を解決していく、
というストーリーです。
現代を反映していて、なかなかおもしろいです。

DX妖怪ウォッチ商品

このケータの時計、音が鳴ったり光ったりするおもちゃ、
「DX妖怪ウォッチ」を子供が欲しがっていても、完売なんだよね~、と耳にしました。
(今現在、オークション等で7000円ぐらいの相場で買うことができますが・・・)

子供がそれらしく遊べて、喜んでもらえる程度の「DX妖怪ウォッチ風」を作ってみました。

DX妖怪ウォッチ自作

こだわったところ
・ 本物のメダル(43mm)も入る
・ 妖怪探知ごっこ(LEDライトが光る)もできる
・ フタがしまる(もう少し改良すべし・・・)

DX妖怪ウォッチ材料

購入した材料は、100均(キャンドゥ)で揃えました。
左、フラワーチークブラッシュ
右、LEDライト付ライター(LED青色)
その他、食品トレー他、両面テープなど家にあるものでどうにかしました。

妖怪ウォッチ好きのお友達宅に手土産と一緒に持って行きます。
いつも折り紙を折ってあげでも遊んでくれる(4歳)ので、きっと喜んでくれるだろうと。

作り方はこちら
DX妖怪ウォッチ(そのうちに・・・、もう少し改良したい、もしかしたら、UPしないかも)

メダルが動いてしまうので、透明プラ板で、メダル裏にあたる溝とフタ部分につけ、動かないようにしました。
取り出しやすく、白い枠(フタがカチッとしまるところの円枠)を切り取っています。
子供には、このカチッとしまる部分が少し硬くて開けにくいので、これも切り取ってしまいましたが、
そのロックがないせいで、フタが開いてしまいます。ここを他の方法で改良したいです。
ちなみに、化粧品のロゴ(フタにシルバー色)は消しました。後はうっすら残ってしまいます。

ライトスイッチのところは、ストローを使い、われながらよくできたと思います。
ライターから外して使っています。その際、めがねの小さなネジを外す小さいドライバーが必要です。
スイッチはストローを二重構造にして、と文字での説明はむずかしいですが、
アイロン熱を使います。結構段純な構造です。
土台は食品トレーを使い、軽く仕上げています。

バンドは子供でもとめられるようにマジックテープがいいですね。

そして、フタをワンプッシュでパカっとあけるところは断念しました。
もう少し考えたかったけど、この100均ケースをメインで使うには無理がありました。
メダルをスライドして入れるところも外せないですよね。
このケースでないタイプで考えた方がいいかもしれません。

また、光を当てて妖怪が探せるように、100均のブラックライトでとも考えましたが、
(インクの蛍光塗料が、紫外線で光るしくみのようです)
(100均で、ブラックライト付のペンが売っているようです、「マジックライトペン」「シークレットペン」etc)
ブラックライトを直視すると危険なので、あえてLEDライト(でも直視すると結構まぶしい)にしました。
(紙に光を当てて、妖怪が浮き出たらおもしろいですが、ここはライトが光るだけです)

これを作っている矢先、
新たなメダル「Zメダル」、そして「妖怪ウォッチ零式」がまもなく発売されるそうです。
デザインもガラっと変わりましたね。
またまた子供が欲しがりますね。

参考になれば、ぼちっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
>>> 今日作ったものランキング <<<

電車の運転手・車掌さん、警察官やパイロットなどの帽子

「変身・なりきり」シリーズはかぶりものを中心にと思っていますが、
うちの子をはじめ、男の子はやっぱり、「電車」が好きですよね。
「子鉄」とも言われる鉄道好きの子供たちには、
やっぱり運転手や車掌さんのまねごとができる「帽子」が必須ではないでしょうか?

既製品は2000円前後~ありますが、好きな鉄道会社のものがなかったり、と。
だいいち、一時的なものです。
ならば、家にあるものだけで、作ってみました。

段ボール&テープ帽子

材料は、ダンボール・ガムテープ・セロテープ・両面テープ。
道具は、はさみ・定規・コンパス。

作品には、カラーの布テープを使おうと思っています。(試作写真は布ガムテープです)
カラーの布テープは10色ぐらい市販されているようです。青や黒で作りたいと思います。

いろいろなもので作ってみましたが、結局これにおさまりました。
100均の大判フェルトをミシンがけしたり(難易度が高くなります)、
焼きそばUFOのカップを使ってみたり(頭にかぶるには小さかった)・・・。

ミシンを使わず、工作感覚なので、比較的簡単な方法です。
形は、もう少しクラウンのトップに丸みを出したかったのですが、
子供がそれらしく遊ぶ程度なら、簡単に作れるのでこれもよし、としました。

この帽子の形は、電車の運転手や車掌さんだけでなく、
警察官、パイロット、船長、バスの運転手・・・といろいろなものに代用できます。
なんという名称かわかりませんが、制帽といえばいいでしょうか。
つばの上にある、伸縮式のあご紐も再現したいと思います。
かっこいい帽章をつけると、本格的に見えるかな?

作り方はこちら
出発進行~ダンボール帽子(電車の運転手・車掌などに)
列車戦隊「トッキュウジャー」の車掌帽子

これを作るにあたり、参考にさせていただいたサイトは、
[海上保安本部ペーパークラフト] http://www.kaiho.mlit.go.jp/06kanku/other/paper_craft/
こちらの形をもとに、(イベント用の実物大ではありません)

[子育てをもっと楽しく!] http://mama.shufunotomo.co.jp/kn2013mikimegumi/?p=401
この作り方を参考にして、
私なりのアレンジを加えました。大変、お世話になりました。

今日も応援ありがとうございます!
ランキング
>>> 今日作ったものランキング <<<

トーマスや電車のペーパークラフト

雨の日には、子供が家で楽しく過ごせるようにと、今日はペーパークラフトをしておりました。
大好きなトーマス達です。

トーマス達のペーパークラフト

煙突の突起などはなく、直方体ですが、うちの子は大喜び。
トーマスをはじめ、10種類もあるので、並べて遊んでおります。
特にクランキーは、首を左右に回せて、クレーンの先には磁石をつけて(中におもりを入れ)、
後ろから紐を引っ張ると紐を上げることができるようにしました。(クレーン自体の上下はできません)
子供に急かされて作ったので、とりあえずのところ、スケールを大きくして、もうちょっと工夫したいです。
このクランキーが一番気に入ったみたいです。
データーは、以下サイトより、ありがたく使わさせていただきました。

毎日ひなたぼっこ
http://mai-hina.blog.so-net.ne.jp/2010-09-10 (トーマス&仲間たち)
http://mai-hina.blog.so-net.ne.jp/2011-01-20 (クランキー)

私は、はがき厚ぐらいのA4用紙に印刷しました。
プラレール大ぐらいの、大きさができます。

電車のイラスト書こうかな?
ランキングへ
>>> 今日作ったものランキング <<<

新カテゴリ「おまめなかばん」「変身・なりきり」シリーズ

私の作品作りには、あれやこれや、その時に作りたいものを作る気分的なものが多いのですが、
このサイトを立ち上げたときに、8カテゴリに分けましたが、
9つ目のカテゴリ、「思いのママ。シリーズ」では、少し細かく分けています。
新しく追加していましたが、ご紹介がまだでした。

おまめな「かばん」】 シリーズ
小さく、ミニサイズにバッグを作っています。サイズをアレンジすれば、実用サイズも作れます。

変身・なりきり】 シリーズ
子供が何かになりきれるグッズを作ります。
洋服までには及ばないと思いますが、小物類を中心に作ります。

どちらも早く作りたかったものです。
カテゴリを設けたけど、中身が充実していない!!ということがないようにしたいです。

おまめな「かばん」の紹介です。

おまめなカバン

写真は、ビニールコーティングの豆バッグ(サイドステッチ、袋縫い仕上げ)です。
小さいサイズですが、ちゃんと、かばん・バッグになっています。
実用サイズでも作れるような作り方をすると、これぐらいの小ささが限界かも、と
10~15cmぐらいの大きさで作品を仕上げようと思っています。
「ミニ」というと実用的に使える小さいサイズ、「プチ」というとストラップ的なものを私は想像してしまうので、
「豆バッグ」と勝手に命名しました。
私「ちゃまめ」が作る、「まめ」サイズな、「こまめ(細かいところまで)」なバッグ。
語呂合わせです・・・。テーマを外さないようにと。

たくさん種類ができたら、小さなカバン屋さんごっこもできますね。
大きいものは生地をたくさん使わなきゃいけませんが、
試しに作ってみるなら、このミニサイズで練習用としてもいいかもしれません。
サイズのアレンジにはお応えできませんが、作り方のレクチャーの1つとして参考程度にしてください。

なお、もっと小さくしてストラップサイズを作りたい場合は、メルちゃんの小物として作る場合があります。
こちらの場合は、カバンの要素というよりも「小ささ」をメインに作るので、
どちらかといえば、より簡単な方法で作ると思います。

「変身・なりきり」シリーズでは、主に子供が何かになれ、楽しめるようなものを考えています。
もちろん、大人用も作れると思いますが、あくまで子供の興味をもつものに焦点をあてたいと思います。

変身・なりきり

最近、おもちゃのネックレスをしたり、かぶりものが大好きになりました。
次は、電車の運転手や車掌さんになりきれるように、帽子を作ってみたいと思います。

いつもありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
>>> 今日作ったものランキング <<<

ポケットティッシュケースをナイロン生地で

どこの幼稚園でもハンカチ、ティッシュはいつも携帯して、というのが一般的だと思います。
幼稚園児の制服や体操服のズボンのポケットは小さいので、
ポケットティッシュはミニサイズのものを選ばざるをえなくなります。

ミニサイズは広告のティッシュなどではいただけませんので、100均で購入しています。
名前を書いてそのまま使っていましたが(人によってはシールを貼る場合もありますね)、
ティッシュがなくなるころには、ビニールが裂けたり、油性ペンで書いたお名前も消えていきます。

ミニポケットティッシュ1

やぱり、お名前付のケースを作ることにしました。
今回は、ナイロン生地で使ってみました。(写真左)
というのは、ティッシュをビニールごと入れる(カバーとして)のではなくて、
ティッシュをビニールから出してダイレクトに入れる(ケースとして)ためです。

綿生地にダイレクトに入れてしまうと、ティッシュが少々取り出しづらいです。
なので、スルスルっとした、ナイロン生地にしてみました。

こちらの作り方で、取り出し口を重ねました。
ティッシュの枚数、10組(1袋分)は1日で使わないし、少し厚いので、6~7組入れています。

なぜ、ダイレクトに入れようかとしたかは、中に入れる詰め替えティッシュを、
ミニサイズのポケットティッシュを購入するのではなく、BOXティッシュのものを入れようと思ったからです。

ミニポケットティッシュ2

このように、同じサイズに折ってストックしてあります。
たたみ方はどんなふうにでもOKだと思いますが、
センターで取り出しやすく、取ったときに広がると、子供も使いやすと思います。
これで、ミニサイズをわざわざ買いに行かなくてもOKになりました。

また、ナイロン生地で作ると、ポケットにも出し入れやすいと思います。
しかし、出し入れのしやすさは、逆に落としやすい、という欠点もあります。
ビニールそのままよりもツルツルしていませんが、
特にズボンだと、ポケットが浅かったり、足を動かしたり、座ったりする影響がありますね。
表側を綿生地、内側をナイロン生地としてもよかったかもしれません。
しかし、実はこのナイロン生地は、エコバッグの収納袋をリメイクしたものです。
大きさがジャストサイズだったので、無駄なく一枚で作ってしまいました。

お鼻が痛いときは「鼻セレブ」を詰めてあげよう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
>>> 今日作ったものランキング <<<

「ソーイング&クロシェ」に掲載されました

ソーイング&クロシェ

本日、4月23日発売
ミシンとかぎ針のハンドメイドこもの レッスンシリーズ
Sewing & Crochet ソーイング&クロシェ
(パッチワーク通信社)
にて、私の作品「リーフ型コースター」が紹介されました。(51ページ掲載)

出版社の方からお声をいただいき、出版物に掲載されるのはやはり嬉しいものです。
レシピで作った作品をそのまま提出しましたが、
やはり、プロの撮影&編集ですので、作品も良く見えます(笑)

明日、4月24日(木)より、ホビーショウ2014が開催されます。
今年もどうしてもいけないのが、残念です。
手芸好きには楽しいイベントですので、お時間がある方はぜひに。

本日もありがとうございます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
>>> 今日作ったものランキング <<<

前の10件 << | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 

このページの先頭へ